種類を学んでおこう

the woman is worried

あなたは実際に低用量ピルに種類があることを知っていますか?もしまだ低用量ピルを使ったことがないのなら、低用量ピルに関する種類をここでとりあえず学んでおきましょう。まず低用量ピルの種類なんですが、主に高用量ピルと中用量ピルという種類が他にあります。ただ一般的には低用量ピルを使うのが普通ですので、さらに細分化して説明していきましょう。まず一相性ピルですが、これは服用期間に必要なピルがきちっと入っている低用量ピルのことを指します。ちなみに卵胞ホルモンの配合量が30μgの低用量ピルも同等です。こちらは順番を意識しなくても飲み続けることができるので強い人気がある種類だといえるでしょう。続いて二相性ピルですが、これは女性ホルモンの量が二段階に変化するタイプの低用量ピルになります。現在ではほとんど二相性ピルは見られなくなってきたので、あまり利用する機会もないでしょう。そして最後に紹介する三相性ピルですが、こちらはまさに先ほどの三段階バージョンになります。一相性ピルと同様に人気のある低用量ピルなんですが、実はトップページでも紹介した副作用に関して起こる可能性が比較的低いとされているので、少しでも不安な人だったらかなりおすすめできる低用量ピルになるでしょう。ただし三相性ピルの唯一のデメリットとしては飲む順番が3段階になっているので、飲み間違いが起こる可能性があるということです。だからもし自分でおっちょこちょいな性格だと思うのなら、無難に一相性ピルを飲むようにしてみてほしいと思います。21錠入りならまず間違えることもないでしょう。