他の効果も知ろう

colorful pills

意外と知られていないことなんですが、低用量ピルはただ単純に妊娠のリスクを抑えるだけではありません。つまり他にも女性にとっては非常に嬉しい効果が期待できますので、今回は避妊効果以外の効果について詳しく話を掘り下げていきたいと思います。まず低用量ピルは生理現象を一時的に止める効果をもたらせてくれます。そして生理が止まることによりホルモンバランスを整える力も与えてくれるため、体調がどんどん良くなっていくわけです。もちろん実際には個人差があるのですべての人に対して断言できるわけではありません。女性にとっては生理痛ほどつらいものもありませんので、これは結構嬉しい話ですよね。実際にセックスをする予定がない人でも、最近では避妊以外のこれらの効果を求めてあえて普段から服用している人もいたりするので、是非生理痛やホルモンバランスといったことに関して気になっている人は使ってみてほしいと思います。また、上手に低用量ピルを使っている人は生理のタイミングを低用量ピルによってコントロールしている人もいたりします。ちなみに中用量ピルでも可能ですが、一般的によく使われる低用量ピルを使う方が試しやすいでしょう。方法としては生理が起こるタイミングから服用を始めて、そこから生理を起こしたい二日前に服用をストップさせることで血が出てきます。逆に遅らせたい場合は生理が来るであろう日付から約5日前くらいに低用量ピルを服用し始めて、また同じように生理を発生させたい二日前に止めるわけです。また、低用量ピルを飲み続けているからといって妊娠できない体になってしまうことはありませんので、その辺は安心してください。