Various drug tablets and capsules

副作用には注意しよう

beautiful young girl

女性は男性と違い、セックスをする上において妊娠してしまうかもしれないというリスクがありますよね。もちろん望む妊娠であれば良いですが、場合によっては望まない妊娠も当然あると思います。そんなときにあなたはどのようにして妊娠を回避していきますか?定番の方法といえばもちろんコンドームによる避妊方法でしょう。コンドームでも確かに十分な効果がありますが、さらに避妊できる確率を上昇させたいなら低用量ピルを使い続けることです。コンドームと違って医薬品になり、さらに女性が飲むタイプの避妊手段となります。低用量ピルとコンドームではものが違うので当然併用も可能です。そのため併用すればかなり安心してセックスに臨むことができるでしょう。ただここでひとつ懸念があることといえば、低用量ピルは医薬品なので副作用が存在するということです。副作用は状況によって起こる確率も上下しますし、人によっては相性が合わないなんてことも稀にあります。これは極端な例ですが、低用量ピルの副作用によって実際に心筋梗塞といった病気の危険度を高めることもあるみたいです。ただしこれは喫煙者に限定されるので、普段まったく喫煙しないような人だったら特に心筋梗塞を心配することはまずありません。ちなみに喫煙者が低用量ピルを服用すると、副作用として血栓症になる可能性も残念ながら上がります。もしあなたがよく喫煙するタイプであれば、低用量ピルを利用する前にしっかり医師との相談を入念にしておいた方が良いでしょう。目安としては35歳以上の人で、1日15本以上吸う人は非常に高確率で起こるので注意が必要です。

種類を学んでおこう

the woman is worried

低用量ピルは種類があるので、まずどれを自分が選ぶべきなのかを考えていく必要があります。ここで簡単に低用量ピルに関する種類を教えておきますので、一度あなたも考えてみてください。

この記事の続きを読む

どこで購入できるの?

drugs

入手方法を今回は詳しく教えておきましょう。低用量ピルは一体どこに売ってあるのか?なんとなくその辺に売ってそうなイメージがあるかもしれませんが、意外と普通のお店では取り扱っておりません。

この記事の続きを読む

他の効果も知ろう

colorful pills

まだ低用量ピルの本当の効果を知らない人も多いので、さらにピルに含まれる効果を紹介したいと思います。実は避妊以外にも使用用途があるので、普段からよく使っている人も増えてきているのです。

この記事の続きを読む